Please reload

最新記事

具体的にはどうするの?アプリ制作までの流れを解説

July 27, 2018

1/6
Please reload

特集記事

マーケティングって!?(2)

January 25, 2018

皆様こんにちは!名古屋を中心に東海地方で、アプリの制作・導入をサポートしておりますアプリPROです。

 

本日は前回の続きです。マーケティングについてですね。

 

 

前回、Aさんの一連の行動をAIDMAに当てはめてみました。

具体例に当てはめると、理解しやすかったのではないでしょうか。

 

では、企業はAさんの行動に対してどのようにコミュニケーションをとるべきでしょうか?

          企業側

  Attention(注意)⬅︎認知向上

      Interest(関心) ⬅︎製品強化

      Desire(欲求) ⬅︎ニーズ喚起

      Memory(記憶) ⬅︎動機提供

       Action(行動)  ⬅︎機会提供

 

大まかですが、上記のようなコミュニケーションが有効といわれています。

この中でも特に、人々の注目を集めることが重要だと主張されています。認知向上の部分ですね。

 

その結果、新聞やテレビなどのメディアに広告を出して、注意や感心を集めることが重視されました。広告にはお金がかかるので、お金がある大企業がどんどん成功します。

これが、20世紀の構図です。

 

しかし時代は変化します。

「インターネット」が世界的に普及しました。

 

その結果どうなったか

ネットで検索する、他者と比較・検討するなどの顧客の心理変化が生まれましたが、本質は変わりませんでした。

豪華なホームページやSEO対策をしっかりとれるお金がある大企業が有利でした。

 

 

 

これからの時代のマーケティング

 

 SNSの登場で顧客心理が劇的に変化します。

誰もが「メディア」を所有できる時代がやってきました。「情報」をいつでも自由に発信できるようになり、しかもそれらはwebで残り続けるという全く新しい形です。

企業・芸能人より有名な一般人ということが珍しくなくなっていますね。

 

これからの時代は自分の「メディア」を充実させていくことで、大企業に勝るとも劣らない宣伝広告効果が見込めます。

小難しいマーケティングの話をしてきましたが、本当に言いたかったのははここです!

 

 

そして、「アプリ」は自分の「メディア」としては抜群に最適なツールだと思います。

SNSやHPと併用することでさらに効果を発揮します!

これからも「アプリ」の良さをお伝えできるよう、アプリPROは情報を発信していきたいと思います!

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

さっそく自社のアプリも制作してみたいと思われましたら、一度弊社主催のアプリセミナーにお越しくださいませ。

お申し込み→こちらから

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索