Please reload

最新記事

具体的にはどうするの?アプリ制作までの流れを解説

July 27, 2018

1/6
Please reload

特集記事

小さなお店ではアプリは必要ない!?いいえ!むしろ小さなお店こそアプリは必要です!

July 31, 2018

みなさんはアプリ制作を検討するにあたって、まずどのような事を考えるでしょうか?

 

自分の業態にあっているか?、どのように活用していくか?等様々だと思います。

 

そんな中よく聞かれる事が

 

「自分の店は小さいからアプリは必要ないよ」

「アプリは大きな企業が作るものでしょう」

 

といった声です。

しかし、本当に小さなお店にアプリは必要ないのでしょうか?

 

今日は、規模は小さいながらも上手に活用されている事例をご紹介します。

 

大阪梅田にある玄米専門店の「稲妻家」は、玄米にこだわったおにぎりを中心にしたメニューを提供している飲食店です。オフィス街にある「稲妻家」には、健康意識が高い常連のお客様が多く通います。

そんな「稲妻家」がアプリに興味を持ち、運用するに至ったのには理由があります。

 

「うちは小さなお店だし、こだわってやっているからお客様に知ってもらうには口コミしかないと思っていました。だから、ホームページは作っていません。広告もしていないし、ホームページを作ってもあまり意味がないと思っていました。

しかし、それに比べてアプリなら、今来てくれているお客様にダウンロードしてもらえるという自信がありました。このアプリがきっかけでご紹介があったり、より稲妻家のファンになってもらえると、そんな気がしました」

と話してくれました。

 

今の時代、web上にはたくさんのホームページが溢れ、検索上位に表示されるのは大きな企業のホームページばかりです。規模の小さなお店では、満足なSEO 対策をとれず、せっかく更新してもお客様の目に届きにくいといった問題がおこっています。

そんな中、注目されているのがアプリです。

アプリのプッシュ通知機能を使えば、お客様にダイレクトに新鮮な情報をお届けする事ができます。また、ポイントカード機能やクーポン発行機能等を持たせることもできますので、お客さまにダウンロードしてもらえる可能性がぐっと高まります。

大きな企業ではできないような、小さなお店ならではの細やかなアプリ運用で、既存のお客様の満足度をあげていくことができるでしょう。

常連のお客様を大切にする小さなお店にこそ、アプリは必要だといえます。

 

 

最後に「稲妻家」はこう語ってくれました。

「大事な常連さんが喜んでくれるアプリを目指していきたい!アプリはお客様といろんなコミュニケーションをとれるので、アイデア次第で使い方はどんどん広がります。今はまだダウンロード数も350と少ないけど、この350人は私にとって神様みたいなものだから、ダウンロード数にあまり捉われすぎず、本質的に常連さんに喜んでもらえるアプリを目指していきたいです!」

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア